チーズケーキの種類

チーズケーキの種類は主に3つ

ケーキの定番となっているチーズケーキですが、その種類は主に3つあります。
なぜいくつもの種類ができたのかというと、古くから色々な国で作られていたチーズケーキが、その国ならではの進化を遂げてきたからです。
ベイクドタイプのケーキは、北米やヨーロッパで作られてきました。
クリームタイプのチーズと卵黄、小麦粉などを混ぜオーブンで焼いたもので、出来立てはふわふわ、時間をおくとしっとりとし、違った食感が楽しめます。
スフレタイプのケーキは、日本が発祥と言われています。
湯銭焼きにすることで、ふわっとした食感に仕上がります。
レアタイプのケーキは、クッキーを砕いて作った生地やタルト生地などの上に、生クリームやクリームチーズを流し込み、ゼラチンなどで固めたものです。
オーブンを使うことなくできるので、家庭でも比較的簡単に作ることができます。
レアタイプの起源については諸説ありますが、アメリカの会社が偶然クリームチーズを作り出し、そのチーズを使って作られたものがレアタイプの原型となったと言われています。
専門店まである人気のチーズケーキですが、最近では定番のもの以外にも様々なアレンジが加えられ新たなケーキも誕生しており、その人気は衰えることがないでしょう。

夏に美味しいチーズケーキの食べ方

季節を問わず人気のスイーツといえば、ケーキが定番です。
その中でも、独特の濃厚な味わいや食感でファンが多いのはチーズケーキです。
材料や作り方によってバリエーションも様々ですが、暑い時期にぴったりの食べ方を紹介します。
たっぷりのチーズを練りこんだ生地を焼き上げた、どっしりタイプのベイクドチーズケーキは、冷蔵庫でしっかり冷やしてから食べるのがオススメです。
冷やすことでさらにしっとりとした食感になり、濃厚な味わいをより一層楽しむことが出来ます。
暑い時期に食べるのはちょっと重たいかな、という方はこの冷やしたものに水切りヨーグルトをトッピングしてみてはいかがでしょうか。
酸味とクリーミーな舌触りがプラスされ、さっぱりとした後味になります。
また、ゼラチンを混ぜて冷やし固めたレアチーズケーキの場合は、夏らしくカラフルなフルーツをトッピングしてさわやかにいただくのもおしゃれです。
おもてなしのときは、数種類のカットフルーツとともにシロップで作ったクラッシュゼリーを添えても涼しさを演出できるのでオススメです。
幅広い層に支持されている定番スイーツを、夏にぴったりのアレンジでさわやかに楽しんでみてはいかがでしょうか。

おすすめWEBサイト 8選

医療用ウィッグは現役の美容師が特別な美容室でオーダーメイドで作成します

医療用ウィッグ

あなたの体のお悩みを聞かせてください。

恵比寿 整体

腸内環境を整え、美肌効果もあるサプリメントをお届けします。

乳酸菌サプリメントの販売

雨漏りや外壁のトラブルをスピーディーに解決します!

一宮市で雨漏り修理をするなら

倉庫、物流系を中心に様々な企業様のニーズにお応えしております。

春日部 派遣

大成グループが提案する、あなただけの特別な住まい。

新座 査定

日本初の独身限定婚活ソーシャルアプリです

婚活 アプリ

靴の修理を出張や宅配で行います!1足1,000円〜で10分でピカピカに

靴 修理

Last update:2016/6/16